No.98 介護施設で訪問看護と訪問リハビリを利用する際の選び方

都内では訪問看護・訪問リハビリを行っている介護施設も多く見つけることができます。どちらのサービスが適しているかどうかも考慮したうえで判断することになるわけですが、高齢者がこうしたサービスを利用する際にはどのような環境で利用するのがもっとも適しているのか、事前によく確認しておくことが大事です。

ケアプランはケアマネージャーと一緒に検討していくことになりますから、訪問看護にしろ訪問リハビリにしろ自分で選ぶ施設やサービスを決めるわけではなく、ケアマネージャーと相談しながら決めていくことになります。その上で受け入れ可能な施設が見つかった場合には受け入れ施設が主治医に連絡してサービスの利用が必要かどうか、適切かどうかを判断することになります。

その後受け入れ施設とケアマネージャー、利用者本人と相談しながら具体的なケアプランを練っていく形となります。ここが一番重要なポイントで、スタッフに訪問してサービスを受ける以上、都合のいい時間帯に受けられるかどうか、自宅で適切な看護・リハビリを受けることができるかどうかなど、入念な計画を立てた上で計画を立てていくことになります。利用頻度や費用の問題、さらに家族の都合なども考慮したうえで決めていく必要があるのが大きなポイントでしょう。

訪問リハビリの場合には理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった専門のスタッフが訪問して必要なリハビリを行っていくことになります。ですから受けたいと希望しているリハビリをしっかり受けられる環境が整っているかどうかも重要なポイントとなるでしょう。訪問看護・訪問リハビリを受ける場合にはエリアが限定されるので自宅と施設の距離をあまり気にする必要はありませんが、気軽に依頼できるかどうかも考慮しておく必要がありそうです。

インターネットの検索サイトで訪問看護や訪問リハビリといったキーワードで検索をすると多くの施設のホームページが見つかります。ページの上位に表示されている施設はホームページにSEO対策をしていて、インターネットで情報を探しやすくなっています。SEO対策はSEO対策会社の「すまいるネット(https://www.smilenet.co.jp/)」などに依頼することが出来るようです。

サービス内容に関しては事前に施設に直接問い合わせて内容やどんなスタッフが従事しているのかなどを確認しておく必要もありそうです。まずはインターネットで訪問看護・訪問リハビリの情報をよく探してみましょう。

関連記事一覧